【重要】 イベント等で南相馬市民文化会館の大ホール・多目的ホール・ギャラリー
を利用されるお客様(主催者)へのお願い(2022年6月17日更新)


 南相馬市民文化会館では、福島県、南相馬市の方針及び業種別ガイドラインを踏まえて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため対応策を講じて参ります。

 すべてのお客様が安心してご利用いただけるよう、当会館でイベント等を開催される利用者におかれましては、以下についてご対応をお願いしております。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 なお、国、福島県及び市の対策本部より新たな指針等が示されるなど状況に変化があった場合には、見直しを図ります。



 1.すべての主体に共通して求められる基本的な感染対策

  • 館内ではマスクを正しく常時着用してください。

  • 入場時の手指消毒にご協力ください。

  • 咳エチケットや手洗い、手指消毒などの感染予防対策の励行をお願いします。

  • 「3つの密」の回避に努めてください。

  • 相互の社会的距離の確保をお願いします。

  • 大きな声で会話や声援はお控えください。

  • 指定された場所(※)以外でのお食事は固くお断りします。

     (※)大ホール楽屋、多目的ホール及び楽屋、ギャラリー練習室、スタジオ、情報コーナー

  • エレベーターを利用される際は、密集を回避してください。

  • イベント来場者へ、厚生労働省の非接触確認アプリ(COCOA)のダウンロード及び活用を促してください。
      ・厚生労働省ウエブサイトURL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

  • 入館前に検温を励行し、平熱と比べて高い発熱がある場合や以下の症状等に該当する場合には自
宅待機等の対応をお願いします。
   なお、37.5度以上の発熱がある方は入場をお断りします。また、基礎疾患がある方、妊娠中の方は、医師の判断や関係機関の情報
   をご確認の上、慎重に来館について判断してください。

     咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐 等の症状
     PCR 等の検査で陽性とされた者との濃厚接触がある場合
     ▶ 過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある場合 等



 2.当会館が実施している具体的な感染防止策

  • 施設内の不特定多数が触れやすい場所の定期的な消毒を行っています。

  • 当会館の出入口とトイレ等の必要箇所に手指消毒用の消毒液を設置しています。

  • 施設内では、十分な間隔(最低1m)を空けた整列を促すように掲示等でご案内しています。

  • 対面で接する貸館受付窓口やチケット販売窓口等には、換気を考慮したうえでアクリル板等の間仕切りを設置し、お客様との間を
   遮蔽しています。また、混雑時は必要に応じて入場制限を実施します。


  • 施設内は、常時新しい空気を取り込み、適切な換気を行っています。客席内の室温が適温にならない場合があるため、利用者は、
   寒暖に対応できる服装でお越しください。
なお、空気調和設備の運用に加え必要に応じて各所の窓や扉の開放等により自然換気を
   図ってください。


      ※ 利用者の都合による空調設備の温度調整及び停止は、コロナ禍での利用者の健康を守るため行えません。

      ※ 外気の影響で急激な温度変化が起きた際は、来場者の安全を確保するため一時効率的な運転に切り替えることがあります。


 3.公演主催者に協力を求める具体的な感染防止策


 (1) 福島県において示されるイベント等に関する協力について


   • イベントの開催制限の目安等について、別紙2~3を参照してください。
     別紙2 「感染状況に応じたイベント開催制限等について」
     別紙3 「イベント開催等における必要な感染防止策


   • 収容率の上限は、大声()を伴う可能性のあるイベントは50%以内、大声を伴わないイベントは100%以内としてください。
     ※大声:「観客等が、㋐通常よりも大きな声量で、㋑反復・継続的に声を発すること」と定義し、
      これを積極的に推奨する又は必要な対策を施さないイベントは「大声あり」に該当することとする。

   • イベント主催者は、福島県が定める様式に基づく感染防止策等を記載した「感染防止策チェックリスト」を作成してください。
   作成したチェックリストは、自ら運営するホームページ等に公表するとともに、イベント等の終了時から1年間保管してください。
   また、チェックリストの写しを当会館へ提出してください。

    ▷ PowerPoint形式   感染防止策チェックリスト[その他のファイル/77KB]
    ▷ Word形式       感染防止策チェックリスト[その他のファイル/289KB]

問い合わせ先】福島県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局総括班

              ・電話問い合わせ先:024-521-8644(受付:平日 900分~1700分)
              ・メールアドレス:corona-event@pref.fukushima.lg.jp
              ・URL:https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010a/coronavirus-event.html




 (2) 公演主催者による事前調整について



   • 予定されている公演におけるガイドラインを踏まえた防止策について、具体的な個々の措置と施設側及び公演主催者側の役割分担
    を調整してください。


   • 仕込み・リハーサル・撤去において余裕あるスケジュールを設定してください。

   • 休憩時間や入退場時間は余裕を持った設定としてください。

   • 来場者が多数になることが見込まれる公演については、福島県及び南相馬市において示された対応指針等に基づいて、実施の可否
    及び実施する際の必要となる感染予防策について対応を検討してください。


   • 公演を中止せざるを得ない事態に至った際の対応や係る費用等の分担について、必要に応じて南相馬市も交えて確認をしてくださ
    い。



 (3) 客席の配席について(収容率)



   • 来場者の配席については、できるだけ指定席にするなどして、座席移動のないよう主催者側で客席状況を管理調整できるようにし
    てください。


   • 福島県の対応指針を前提とし、地域の感染の収束状況、公演の内容、上演時間、想定される観客層等を踏まえつつ、来場者による
    大声での歓声、声援、唱和等がないことを前提としうる公演については、必要となる感染防止対策を総合的に講じた上で、収容定
    員までの配席数(最前列席については下段記述参照。)としてください。


   • 上記以外の公演については、正しいマスク着用と発声の抑制の周知及び事業者による個別注意など必要となる感染防止策を総合的
    に講じた上で、原則として収容率は福島県の対応指針に従ってください。(異なるグループ間では座席を1席(立席の場合は 1m
    空けますが、親子等の同一グループ(5名以内)では座席間隔をあける措置は不要。
    すなわち、収容は指針を超える場合もあり得る。)


   • ワクチン未接種年齢層や高齢者が多数来場すると見込まれる公演については、感染リスクや重症化リクスが高いことから、
    より慎重な対応を検討してください。


   • 客席の最前列席は舞台上の発声等を伴う出演者から十分な距離を取ることとし、最低でも水平距離で 2m 以上を設けてください。

  施設の定員について

施 設 名

面 積

定 員

詳 細

大ホール

客席

― 

1105席

車椅子席 4席

来場者による大声での歓声、声援、唱和等がないことを前提としうる公演

552席

車椅子席 2

上記以外の公演

楽屋事務室

16.2

※4人

楽屋1

15.1

4人

楽屋2

15.6

4人

楽屋3

15.4

6人

楽屋4

18.4

8人

楽屋5

19.3

8人

楽屋6

34.6

17人

主催者控室

10.4

5人

多目的ホール

ホール全面

144.3

120席

※同一方向での配席

来場者による大声での歓声、声援、唱和等がないことを前提としうる公演

60席

※同一方向での配席

上記以外の公演

120

上記以外の利用

(練習目的、会議などの利用)

楽屋

25.3

6人

ギャラリー

244.5

人と人との十分な間隔

人と人との十分な間隔(できるだけ2m、最低1m)を確保

練習室1

11.5

3人

練習室2

11.2

3人

練習室3

19.5

5人

練習室4

42.8

12人

練習室5

29.5

8人

スタジオ

17.0

4人

     ※印の定員人数は目安となります。

○多目的ホール・練習室を控室の目的で利用される場合は、人と人との距離を確保した行動をお取りください。

○ 指定された場所で食事をされる場合は、家族等の一集団と他集団との距離が十分な間隔(最低1m)となるよう席の配置を工夫してください。
 また、飲食時にマスクを外す際は会話を控えるように周知してください。


○ 練習室等を控室以外で使用される場合は、
 別途「南相馬市民文化会館 練習室及びスタジオの
施設利用ガイドライン ~新型コロナウイルス感染拡大防止対策~」をお守りください。



 (4) 公演関係者に関する感染防止策について




   • 公演主催者及び公演関係者は、その表現形態に応じて、出演者間で最低1mを目安とした十分な間隔をとるなど、可能な限り感染
    防止に努めるようにしてください。


   • 公演時の出演者を除き施設内ではマスクの常時着用を原則とし、公演前後の手指消毒を徹底してください。

   • 楽屋、控室、稽古場等でも不特定多数が触れやすい場所の定期的な消毒を徹底し、必要箇所に手指消毒用の消毒液を設置してくだ
    さい。


   • 楽屋は密にならないように定員を調整するとともに常時換気を励行ください。

   • ケータリングにおいては、使い捨ての紙食器を使用するなど、十分な感染防止対策を講じてください。

   • 舞台袖、舞台裏、楽屋などの狭いスペースでの待機時や、洗面スペース、飲食周りなどマスクを外しての利用に際し、各場所に応
    じた定員制限や会話の抑制等を徹底してください。


   • 機材や備品、用具等の取り扱い者を選定し、不特定者の共有を制限してください。

   • その他、練習・稽古や仕込み・撤去等においても十分な感染防止措置を講ずるとともに関係者の健康管理に努めてください。


 (5) 来場者に関する感染防止策について



   • 来場前の検温の要請とともに、来場を控えてもらうケースを事前に十分周知してください。また、その際の振替やチケット代金の
    払戻等の諸条件については、発売時に告知してください。


   • 来場者側の自己検温だけではなく、公演主催者側でも会場入場時に検温等の対策を講じてください。

   • 入退場時の密集回避のため、時間差を設けての入退場や入退場導線の分散、案内人員の配置、またメッセージボード等を使用した
    呼びかけ等により、十分な距離(最低 1m)の間隔を確保してください。


   • 入退場時のエレベーター利用は、密にならないよう制限してください。

   • 公演後の出待ちや面会等は控えるように注意喚起してください。

   • チケットシステム等の活用により、来場者の氏名・住所・緊急連絡先及び使用座席の把握に努めてください。また、来場者に対し
    て、こうした情報が来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供され得ることを事前に周知して
    ください。


   • 公演中の携帯電話等の抑制案内は、電源オフではなく、接触確認アプリの作動を妨げないように電源及び Bluetooth
    on
にした上で「マナーモード」設定としてください。


   • 配慮が求められる来場者、障害者や高齢者、ワクチン未接種年齢層等については事前に対応策を検討してください。

   • 公演前後の交通機関の分散利用や飲食・会合の抑制等、施設外での感染防止について注意喚起してください。



 (6) 開場内での感染防止策について



   • 公演主催者は、会場内の不特定多数が触れやすい場所の定期的な消毒を徹底してください。

   • 公演主催者は、会場の出入口等の必要箇所に手指消毒用の消毒液を設置し、入退場時の利用を周知してください。また、不足が生
    じないよう定期的な点検を行ってください。


   • 入場時のチケットもぎりについては、入口の滞留状況等を想定し、簡略化(来場者が自らもぎって箱に入れ、主催者は目視で確認)
    するか、係員のこまめな手指消毒(若しくは手袋着用)の徹底かを検討してください。


   • チラシ・パンフレット・アンケート等は、据え置きとし来場者が自ら取得するか、手渡しの場合には、係員の手指消毒(若しくは
    手袋着用)を徹底してください。


   • 公演後の面会等、公演関係者と来場者の接触は控えるように周知してください。

   • プレゼントや差し入れ等は控えてください。

   • 機材や備品、用具等の取り扱い者を選定し、不特定者の共有を制限してください。

   • 来場者や関係者等、それぞれの立入り可能エリアを限定(来場者が楽屋エリア等に立ち入ること等を制限)してください。


 公演関係者(特に出演者)⇔ 来場者間の感染防止策


   • 感染リスクが高まるような演出(声援を求める、来場者をステージに上げる、ハイタッチをする 等)は控えてください。

   • 来場者の案内や誘導に際しては十分な距離(最低 1m)を取るとともに、不織布マスクを着用してください。

   • 来場者と接する窓口(招待受付、当日券窓口)等では、換気に注意をしたうえで、アクリル板や透明ビニールカーテン等の間仕切
    りを設置し、来場者等との間を遮蔽してください。


 来場者 ⇔ 来場者間の感染防止策

   • 施設内ではワクチン接種の有無に関わらずマスク着用を必須とし、未着用来場者に対しては配布や販売等や、個別に注意等を行う
    ことにより着用を徹底してください。


   • 休憩時間や入退場時間は、会場の収容人数や収容率、入退場経路等を考慮し、余裕ある時間を設けてください。

   • 休憩時間や入退場時には会話抑制を周知するとともに、ロビー等での近距離における対面での会話や滞留を抑制するように促して
    ください。


   • 休憩時間や退場時の客席からの移動に際しては券種やゾーンごとの時間差とし、滞留を抑制してください。


   • 休憩時間のトイレ等では、ロビー等の広さを踏まえて、十分な間隔(最低 1m)を空けた整列を促してください。



 (7) その他、物販等について



   • 現金の取扱いをできるだけ減らすため、オンラインでの販売や、キャッシュレス決済を推奨します。

   • 物販に関わる関係者は、不織布マスクの着用に加え、必要に応じてこまめな手指消毒(手袋着用)を行ってください。

   • 多くの者が触れるようなサンプル品・見本品は取り扱わないでください。

   • オペラグラス等の貸出物について十分な消毒を行うとともに、十分な消毒が行えない場合は貸し出しを行わないように
    してください。




  4.感染拡大への防止策

 公演主催者は、感染が疑われる者がいた場合は速やかに当会館に連絡し、対応を協議してください。

  • 公演主催者は公演関係者及び来場者等について、可能な範囲で氏名・住所(市区町村まで)・緊急連絡先を把握し、作成した名簿を
   一定期間(概ね1ヶ月間) 保持してください。


  • 必要に応じて保健所等の公的機関へこうした情報を提供され得ることを事前に周知してください。

  • 個人情報の保護の観点から、名簿等の保管には十分な対策を講じ、期間経過後は適切に廃棄してください。

  • 発生した感染者等(含む同居者等。)の情報は要配慮個人情報となるため、その取扱に十分注意してください。

  • 利用後に感染者が発覚した場合は、速やかに当会館へ知らせください。

 5.その他

南相馬市市内において感染拡大の傾向が見られた場合、南相馬市の判断・指示により、イベント等の無観客化、中止または延期等を含めて、速やかに利用者・主催者等に対して必要な協力要請等を行う場合があるため、協力をお願いします。




 コロナ対策の施設利用ガイドライン:南相馬市民文化会館 大ホール・多目的ホール・ギャラリーの施設利用ガイドライン
  ~新型コロナウイルス感染拡大防止対策~(2022年6月17日改定)



【お問い合わせ】南相馬市民文化会館 施設利用係
         電話問い合わせ先:0244-25-2761(受付:平日 9時00分~17時00分)


Copyright 2004- Minamisoma City Culture Foundation all rights reserved.